初心者向けjQuery入門

初心者向けjQuery入門講座です

未分類

jQuery eq要素のインデックスを取得する

投稿日:2017年8月25日 更新日:

jQuery eq要素のインデックスを取得する

jQuery eq要素のインデックスを取得する

eqは指定した要素のインデックスを指定する。
サンプル

$(“セレクタ”).eq(番号).メソッド

<html>

<head><script src=”jquery-3.2.1.js”></script>
<script>

$(function(){
$(“.botton”).click(function(){

$(“li”).eq(1).css(“color”,”red”) });

});

</script>

<title>
</title>

</head>

<body>
<input type=”button” value=”botton” class= “botton” ><div>
<ul>

<li>1</li>

<li >2</li>

<li class=”three”>3</li>

<li>4</li>

<li>5</li>

</ul>

</div>

</body>

</html>

実行結果は

2が赤になります。

配列とかと一緒で0から番号は始ます。

1を指定するということは2を取得したことです。

0→1

1→2

つまりマイナス1されるこいうことです。

jQuery eq要素のインデックスを動的に増やす

変数を宣言して動的にインデックスを増やす。

まずindexとう名前の変数に0で宣言と代入します。

その変数の値をeqで取得します。

サンプル

<html>

<head><script src=”jquery-3.2.1.js”></script>
<script>

$(function(){

index=0;
$(“.botton”).click(function(){

 

$(“li”).eq(index).css(“color”,”red”) });

});

</script>

<title>
</title>

</head>

<body>
<input type=”button” value=”botton” class= “botton” ><div>
<ul>

<li>1</li>

<li >2</li>

<li class=”three”>3</li>

<li>4</li>

<li>5</li>

</ul>

</div>

</body>

</html>

実行結果は

ボタンをクリックする度に要素が赤くなります。

前の実行したeq関数はリセットされていないので

5回クリックしたら全部赤くなります。

jQuery eq要素の前の要素を初期化

このままだと前の色が赤でよくわかりません。

前の色を初期化しましょう。

サンプル

<html>

<head><script src=”jquery-3.2.1.js”></script>
<script>

$(function(){

index=0;
$(“.botton”).click(function(){

 

$(“li”).eq(index).css(“color”,”red”) });

$(“li”).eq(index-1).css(“color”,”black”)

});

</script>

<title>
</title>

</head>

<body>
<input type=”button” value=”botton” class= “botton” ><div>
<ul>

<li>1</li>

<li >2</li>

<li class=”three”>3</li>

<li>4</li>

<li>5</li>

</ul>

</div>

</body>

</html>

実行結果は現在のインデックスだけできてますね。

前の要素を黒に戻したかったので要素を指定するため-1と書きました。

$(“li”).eq(index-1).css(“color”,”black”)

5回以上からは消えてしまいます。

jQuery eq要素の最初に戻す

5回目からは動かないので初期化して先頭に戻します。

サンプル

<html>

<head><script src=”jquery-3.2.1.js”></script>
<script>

$(function(){

index=0;
$(“.botton”).click(function(){

if(index > 5){
index=0;
}

$(“li”).eq(index).css(“color”,”red”) });

$(“li”).eq(index-1).css(“color”,”black”)

});

</script>

<title>
</title>

</head>

<body>
<input type=”button” value=”botton” class= “botton” ><div>
<ul>

<li>1</li>

<li >2</li>

<li class=”three”>3</li>

<li>4</li>

<li>5</li>

</ul>

</div>

</body>

</html>

実行結果はちゃんと先頭に戻って動きます。

if(index > 5){
index=0;
}

5より大きい場合は0に戻して初期化してます。

6回目で完全に選択が消えてから7回目で先頭に戻ります。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jQuery parentsとparentの違い祖先を指定する

jQuery parentsとparenの違い祖先を指定する jQuery parentsとparenの違い祖先を指定する parentsとparentの違いはparent親は親要素全てに適応できます …

no image

jQuery 子孫セレクタとユニバーサルセレクタと複数

jQuery 子孫セレクタとユニバーサルセレクタと複数 jQuery 子孫セレクタ 子孫セレクタとは 要素には親要素と子要素があります。 ulだと子はliですね。 それとdivの中にp要素を入れ子にし …

no image

jQuery メソッドチェーンとメソッドの種類の使い方

jQuery メソッドチェーンとメソッドの種類の使い方 jQuery メソッドの種類の使い方 メソッドは何らかの処理を実行するためにあります。 $(“セレクタ”).メソッド(パ …

no image

jQuery wrapとunwrap親要素を追加と削除

jQuery wrapとunwrap親要素を追加と削除 jQuery wrap 親要素を追加 wrapは親要素を追加します サンプル $(“セレクタ”).wrap(&#8216 …

no image

jQuery 複数のcssのプロパティの設定の方法

jQuery 複数のcssのプロパティの設定の方法 jQuery 複数のcssのプロパティの設定の方法 jQueryでcssを複数設定の方法。 メソッドチェーンで書くとこんな感じになります。 $(&# …